無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | permalink |
←prev entry Top next entry→
減ったり増えたりいつまでつづくの
JUGEMテーマ:健康


ひさしぶりの投薬状況です。状態の変化の度に減らしたり増やしたりと、前回の『早く治したいから少しずつ』から、2年が過ぎてしまいました。



■2008年秋

変更前変更後
トレドミン錠25gなし
メイラックス錠1.0mgメイラックス錠1.0mg
就寝時マイスリー10mg×1マイスリー10mg×1
不眠時なしなし
胸が苦しい時なしなし


調子はまあまあの状態だったので、トレドミンがなくなりました。

■2009年春

変更前変更後
なし
なし
メイラックス錠1.0mgメイラックス錠0.5mg
就寝時マイスリー10mg×1マイスリー10mg×1
不眠時なしなし
胸が苦しい時なしなし


調子は維持。ここでメイラックスを少し減薬です(この頃に試験を受けてます)。
この頃、すでに「うつ病」ではなく「自律神経失調症」ではないか?との診断になっていたかと。

■2009年夏

変更前変更後
なしなし
メイラックス錠0.5mgなし
就寝時マイスリー10mg×1マイスリー10mg×1
不眠時なしなし
胸が苦しい時なしなし


ここでも調子を維持。ただ仕事が忙しくなったこともあり、肩こり、眼の疲れ、集中力の低下が表れはじめます。

■2009年秋

変更前変更後
なしトレドミン錠25g
なしメイラックス錠1mg
就寝時マイスリー10mg×1
マイスリー10mg×2
デパス1mg
不眠時なしなし
胸が苦しい時なしなし


春先に比べると記憶力、集中力ともに低下。不眠もやや悪化したことで、
トレドミンの復活と、就寝時のデパスが追加。


■2010年春

変更前変更後
トレドミン錠25gなし
メイラックス錠1.0mgメイラックス錠0.5mg
就寝時マイスリー10mg×2
デパス1mg
マイスリー10mg×1
デパス1mg
ユーロジン1mg
不眠時なしなし
胸が苦しい時なしなし


あたたかくなり、5月頃からようやく調子が上向きになってきたところで、
トレドミンがなくなり、メイラックスの減量、
ただし、寝つきがやや悪くなったため、ユーロジンが追加。


■さらに現時点
ひとまず、眠れそうな時は、デパスとユーロジンを飲まなくて済む日があります。
※飲む/飲まないを判断して良い薬については、医師と薬剤師に確認を取っています。
 特に投薬初期に自己判断で断薬すると、かえって体調を崩しますので要注意です。


うつと診断されて5年目に入っていますが、なかなか安定してくれません。
やはり秋から冬、冬から春にかけて、季節替わりに崩れることが多い様です。
| うつ・メンタル | comments(0) | trackbacks(0) | permalink |
スポンサーサイト
| - | - | - | permalink |
Comment









Trackback
http://wr2020.jugem.jp/trackback/796