無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | permalink |
←prev entry Top next entry→
パキシルよさようなら
3月末から5月末、5月末の診断で、以下の様な処方になりました。(前回はこちら


変更前変更後
パキシル錠10mgトレドミン錠25g×2
メイラックス錠2.0mgメイラックス錠1.0mg
就寝時マイスリー10mg×2マイスリー10mg
不眠時なしなし
胸が苦しい時なしなし


頭がぼーっとすることが残っていたので、診察前の1週間程、
1日おきにパキシルを服用する方法を試しました。
そうするとパキシルを飲んだ日に限って調子が悪いことがわかり、先生に伝えたところ、
「パキシルより効果のおだやかなトレドミンに替えてみましょう」
ということで、パキシルからトレドミンに変更になりました。

トレドミンに変わったことよりも、パキシルの断薬に意識がありました。
約3年半にわたり飲み続けてきた薬です。禁断症状が有名な薬です。
トレドミンの副作用なのか、パキシルの禁断症状かは、わからなかったのですが、
約1週間ほど「寒気に襲われる」感覚がたびたびありました。

約2週間が経過しており、それらの症状については落ち着いている様です。
また、集中力・記憶力も、うつ病と診断される以前ほどではありませんが、
戻ってきていると実感しています。
| うつ・メンタル | comments(0) | trackbacks(1) | permalink |
スポンサーサイト
| - | - | - | permalink |
Comment









Trackback
http://wr2020.jugem.jp/trackback/723
2008/07/16 12:07 AM posted by: WR2020
どうしても「あせり」が出るので減らしたくなりますが。 前回はこちら。 変更前変更後朝トレドミン錠25g×2トレドミン錠25g夜メイラックス錠1.0mgメイラックス錠1.0mg就寝時マイスリー10mg×1マイスリー10mg×1不眠時なしなし胸が苦しい時なしなし 仕事上、現時