無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | permalink |
←prev entry Top next entry→
何となくIT系ニュース
■SO902i発売延期
待ちに待った(半年位かな)、ソニー・エリクソン端末のFOMA参入。
報道発表資料によると、3月2日、3月10日に発売すると発表。3月7日に「最終調整作業を続けるため」発売日を延期。発売日は未定。
直前で致命的なバグが見つかったか、元々スケジュール的に無理があったか。
後者の場合、開発側は発表を知らされず「おいおい発売日決まってるぞ」何て会話が想像できます(^^;。
いずれにせよ、開発者側の苦労はまだもう少し続く様です。検討と健康を祈ります。
ちなみに初期ロットでは不具合続出すると思いますよ。こういう発売日直前のごたごたって後を引くものですから。バグはバグを呼びますので。逆に相当な機能が盛り込まれてる期待もできますけどね。
2ちゃんねるの携帯機種板でもプチ祭り。期待してる人多かったんだな。
※情報ソースは「れそさん」より

■ソフトバンクがボーダフォン日本法人を買収
ついに携帯電話業界にソフトバンクが参入。YahooBBでインターネット(ADSL環境)の価格破壊と大幅な普及をもたらしたソフトバンク、携帯業界でも活躍してくれるんでしょうか?1ユーザとして今の携帯電話の基本料金・通話料金・通信料金は高すぎると思っているので、期待は大きいなぁ。でも買収に使ったお金が2兆円ということで、ソフトバンクも無理はできないんじゃないかと。ニュースや新聞ではあまり報道しませんが、あちこちのblogで記事になってます。

■情報漏洩防止のためのWinny使用禁止
警察、自衛隊、各自治体で情報漏洩が途絶えませんね。「Winny使用禁止」を発令している様ですが、これだけで効果があるとは言えません。お金がかからず、すぐに実行できる一番簡単な方法ですけどね。詳しくは以下に。
情報漏洩が問題になるには以下の条件がそろう必要があります。

(1)機密情報は誰にでも見れる形の文書で保存されていた
(2)機密情報を「個人のPC」に持ち出せる環境にあった
(3)「個人のPC」に持ち出して作業せざるを得なかった
(4)個人のPCにWinnyがインストールされ、動作していた
(5)PC使用者がウィルスに引っかかった

会社のPCで、Winnyを実行する様な馬鹿は論外として除きます。

Winnyの使用禁止では、(4)だけに効果があり、しかもそれを確認する手段がありません。防衛庁は(3)について対策を施す様です。職務上必要なPCを各隊員へ供給するとのこと。「私物PC使用者に官品支給へ 防衛庁」(朝日新聞

根本的な対策として思いつくのは、以下の通り。
(1)元々の文書を暗号化し、たとえ流通しても内容を見れない様にすること。
(2)文書の保管を厳重に管理し、持ち出し(「個人のPC等へ)をできない様にすること。
(3)「個人のPC」が必要ない環境を作業者に提供すること
(4)これは一応対策済み。個人のモラル頼りだけど。
(5)アンチウィルスソフト等の使用をもっと啓蒙すること

情報漏洩対策やセキュリティに100%はありえません。
考えられる対策を何重にもかけて、始めて効果が出るものです。


良く個人情報流出事件で、どこかの会社の社長が「我々は100%の対応をしていたから非は無い」とか言ってますけど、「100%の対応」というのがすでに嘘っぽく聞こえるので、まともな対策はしなかったんだろうな、と推測できます。
「我々はできるだけの対応をしてきた、これこれこういう対策をしていたんだけど、こういう方法でやられちゃいました」と、発表すれば信頼度は高いです。
ただ「やられちゃった方法」を公表する時期については、判断に迷うところです。その方法の対策がすでにある状態であれば、すぐに公表。対策がまだ無いなら、模倣犯が表れる可能性があるので、ちょっと待って、という感じかな。

個人情報を扱う会社のセキュリティ管理担当は、こういうニュースにもすべて目を通して、対策を行っていかないといけないんですよね。でも小さい会社ではなかなかその費用を捻出できないし、上は分かってくれないことが多いです。

便利さとセキュリティ(安全性)は反比例します。そして費用も時間もかかります。
SO902iもこの辺りの問題がチェックで見つかったのかもしれませんね。
| ニュース | comments(2) | trackbacks(0) | permalink |
スポンサーサイト
| - | - | - | permalink |
Comment
2006/03/08 11:41 AM posted by: kaion
セキュリティの問題は微妙ですね。自分の経験と今まで流れてきた情報からするとやはりIT企業はそれなりに厳しいです。 PCの持ち込みはもちろんあらゆるメディアの持ち込みが禁止されています。当然持ち込めないのだから持ち出すことは出来ません。ネットにしても監視はされておりインターネットへの接続さえも規制もしくは特定の端末しか許可されてない場合があります。また使用するアプリケーションすら制限される場合もあります。IT企業のこういうスタンスから見ると公的機関が持っている情報に反比例しているかの様に如何にざる状態なのか…
2006/03/08 9:09 PM posted by: まる
>kaionさんへ
IT関連の開発の現場ではかなりの対策がなされた状況で開発しており、それを使用する側が生かしきれてないのが現状なのかな。公的機関、民間企業問わず、どんな会社でも、予防を含めたリスクマネジメントが必要になって行くんでしょうね。ユーザの要望に応えるだけじゃなく、ユーザへのそういう意識付けをうまく進める知識と方法も身につけて行かなければなりませんね。









Trackback
http://wr2020.jugem.jp/trackback/235